毛穴に効く食べ物&サプリはあるの?



毛穴ケアのウソホント!?6種類のタイプ別ケアを詳しく解説!



毛穴ケアのウソホント!? » 毛穴に効く食べ物&サプリはあるの?

Q6,、身体の内側から毛穴ケアをする場合、どんな食べ物を摂取すればいいでしょうか?また毛穴に効くサプリメントってありますか?

積極的に摂取したいのはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCです。

タンパク質、ビタミンA、ビタミンCというのは肌にとっては基本となる栄養素ですが、これだけ食べていればいいというのものではありません。 偏ることなくバランスのよい栄養素を食事から摂取することが健やかな肌を育むために必要ですし、毛穴トラブルの改善にも役立ちます。

毛穴ケアを考えた場合、特に摂取したいのはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCです。

ビタミンB1が多く含まれる食材は、豚ヒレ肉、生ハム、焼き豚、たらこ、べコーンなど。ビタミンB2が多く含まれている食材は、豚牛鶏のレバー、 うなぎ、キャビア、たまご、うになどがあります。

ビタミンB1とビタミンB2には皮脂の分泌を抑える作用があるので毛穴の詰まりを防ぐうえで少しは役に立ってくれるはずです。

ビタミンCが多く含まれている食材としては、赤や黄ピーマン、レモン、アセロラジュース、パセリ、芽キャベツなどが挙げられます。 果物や新鮮な生野菜にたくさん含まれているイメージですよね。ビタミンCはもうおなじみですが肌トラブル全般に効果があります。

それから毛穴ケアのスキンケア化粧品としてビタミンC誘導体入りの化粧水を使うのがおすすめということを当サイトでも紹介していると思うのですが、 体内のビタミンCが不足しているとスキンケアでビタミンCをいくら補っても効果がないということがわかっているんですね。

つまり、食事からビタミンCがしっかり摂取できていないとスキンケアで頑張ってビタミンCを与えても全部無駄になるということです。 こうしたことはおそらくほかの栄養素でもあるんじゃないかと思います。インナーケアあってのスキンケアというのは覚えておいたほうがいいです。

3度の食事からだけでは必要な栄養素が摂取出来ないという場合はサプリメントを利用するしかありませんが、最初からサプリメント頼みというのはおすすめできません。

栄養素というのは複合的に絡み合って色々な相乗効果や補完作用があって体内で働いてくれるものなので、食事から摂取するというのがより効果的といえるからです。

毛穴に悪い(皮脂の分泌を促すetc)食生活とは?

毛穴にいい食生活もあれば毛穴に悪い食生活もあります。

たとえば肉類や乳製品をたくさん食べると皮脂腺が活発になってしまうことがわかっているので毛穴が気になる人は控えたほうがいいでしょう。 体臭もキツくなりますし、動物性タンパク質は出来るだけ魚から摂取したほうがいいと思います。

他に気をつけないといけないのは糖質と脂質の摂り過ぎです。

糖質(=炭水化物)の過剰摂取はさまざまなトラブルをもたらすことが最近よく話題になっていますが、 毛穴に関連したことでいうと糖質は体の中で分解されるときにビタミンB1を消費します。

そのため必要以上に糖質を摂り過ぎると糖質の代謝のためにビタミンB群が使用されて肌のために使われなくなってしまうんです。

アルコールも同様で、糖質が多く含まれているビールや日本酒を飲むとここでもまたビタミンB1が消費されてしまいます。 お酒をよく飲む人はビタミンB1不足といわれるのはそういう理由があるからです。

飲み過ぎには注意が必要です。

脂質の肌に与える影響というのはよく揚げ物(ポテトチップス等のスナック菓子含む)を例えに説明されますよね。消化に時間がかかるので酵素を無駄使いするとか、AGE値が高いから糖化を促進するとか、 活性酸素を発生させるとか、血中の中性脂肪の量を増やすため、皮脂分泌を盛んにするとか。

毛穴にとってもやっぱり避けたほうがいいと思います。

それから昆布やわかめなど海藻類に含まれているをヨウ素を過剰に摂取すると、ヨウ素の持つ余分な油分を 皮脂腺から体外へ排出するという作用のせいで、皮脂腺が活発になって皮脂の分泌量が増えて毛穴詰まりやニキビを作る原因になるといわれています。

さすがに海藻を食べすぎるということはないのでそれほど気にする必要はないんですが、海藻類にはそういう働きがあるというのは覚えておくと何かのときに役立つかもしれません。