乾燥毛穴



毛穴ケアのウソホント!?6種類のタイプ別ケアを詳しく解説!



毛穴ケアのウソホント!? » 乾燥毛穴【トラブル⑥】

乾燥で肌表面が乱れて毛穴が落ち込むことで毛穴が目立ってきます。それが〝乾燥毛穴”です。

乾燥毛穴の特徴、できてしまう原因について

頬の毛穴が目立ち、毛穴の縁がシワっぽく、カサカサしているという場合、乾燥毛穴かもしれません。

同じく頬にできるたるみ毛穴と見分けが一番つきにくいのが乾燥毛穴ですが、たるみ毛穴のように毛穴が縦長に伸びておらず、 お風呂あがりなど肌が濡れているときは目立たなくなるという場合は乾燥毛穴の可能性大です。

乾燥毛穴の原因は肌の水分量が低下して肌表面のキメが乱れてしまうことで毛穴が落ち込んでしまうことです。 若い人であっても肌の乾燥がひどい状態であれば頬を中心に毛穴のポツポツが目立ってきます。

「冬になると乾燥して毛穴が気になる」という方はおそらく乾燥毛穴でしょう。

注意したいのは乾燥して肌の水分量が低下していると聞くと化粧水で水分を補給することを真っ先に考えると思うんですがその考えが 乾燥を引き起こしているということです。肌が乾燥するのは水分が不足しているからというより水分保持力が低下していることが原因です。

つまり、化粧水で水分を補ったところでその瞬間は肌が潤ったように感じますが、時間が経つと補給した水分は蒸発してしまいますし、 蒸発する際に肌の水分も一緒に奪っていくので余計に乾燥してしまうんです。

スプレータイプの化粧水なんかがありますが、余計に乾燥するだけなので、もし持っていたら捨ててください。

乾燥毛穴のケア方法について

肌の水分量が低下して肌のキメが乱れていることが乾燥毛穴の原因です。

そのため何よりも最優先して保湿することが大切です。水分を補給するのではなく、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分をあたえて 肌の水分保持力を高めることが本当に肌がうるおう保湿方法です。肌の水分量が戻ればキメも戻って毛穴も目立たなくなるはずです。

保湿成分を乾いた肌に補給するということに加えてもう一つ重要なのが肌のうるおいを守るということです。

クレンジングや洗顔で皮脂や肌のうるおい成分を落しすぎていることが実は乾燥肌の一番の原因といわれているので洗浄力がマイルドな クレンジング剤や洗顔料を使うようにします。オイルクレンジングはもうやめたほうがいいです。

それから夏でも冬でも冷房や暖房の効いた部屋に長時間いることは肌を乾燥させることになるので常に部屋の湿度に気をつけるようにしてください。 肌にとって一番いいのは50~60%だといいます。少なくとも50%台をキープしたいところ。 加湿器や濡れタオルを利用して、部屋の湿度を調整することも肌の乾燥を防ぐためには重要なことです。

といった感じで乾燥毛穴は基本的に乾燥肌に対する保湿ケアとやることは同じです。

要チェック 洗顔で皮脂やうるおい成分を落しすぎない
要チェック セラミドなど保湿力の高い成分を与える(※水分を補給するのではない)
要チェック 部屋の湿度に気を配り、50%台を維持する

この3つを意識してスキンケアに取り組んでもらえれば乾燥毛穴は改善できるはずです。